兵庫県

北野(きたの)/神戸市中央区北野町
北野 最盛期には200棟以上
 北野は仕事でも何度も訪れた町です。1977年のNHK連続テレビ小説『風見鶏』の舞台になってから一躍有名になりました。そのころから異人館の町として観光客の多い町でした。阪神・淡路大震災ではかなりの被害を受けましたが,いまではすっかり復興したようです。
 もともと外国人居留地区だったところで,最盛期には200棟以上の異人館が建てられたそうです。その後開発の波が押し寄せる中で,1980年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
うろこの家(登録文化財) 風見鶏の館(重文)
感動度★★★★ もう一度いきたい度★★★★ 交通 阪急・JR・阪神の三宮駅から徒歩15分
有馬(ありま)/神戸市北区有馬町
有馬温泉街 裏道に情緒ある街並み
 有馬温泉は神戸の奥座敷といわれ,秀吉が愛した温泉でもあります。奈良時代に僧・行基が温泉寺を建立し,療養施設の宿坊も多く建てられたとか。
 テレビのCMの影響か,高層ビル林立の温泉街のイメージが強く,一度も行ったことがありません。実際に町を歩くと,特に裏道は温泉街独特に風情があって,とても楽しい散歩道です。
 狭い坂道を歩きますと,和食店や竹細工店,老舗の炭酸煎餅専門店などが並んでいます。有馬は天然の炭酸水のわき出る所でもあります。
親水公園
▲有馬川の両側には桜並木と高層の温泉街が並んでいます ▲牛すじとコンニャクを煮込んだ,ぼっかけうどん(650円/有馬茶房) ▲アイスコーヒー(500円/兵衛)名物炭酸煎餅が付きです
感動度★★★ もう一度いきたい度★★★ 交通 神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩5分
道場(どうじょう)/神戸市北区道場町道場
道場宿 虫籠窓のある古民家
 江戸時代は丹波街道,大坂街道,播州街道の交差する交通の要衝で重要な宿場町でした。また南側には鎌倉時代から続く名湯・有馬温泉があります。豊臣秀吉は奉行を置き,復活に力を入れ化政期には「有馬千軒」とまでいわれました。当然,その余波を受けており,農産物の出荷など村は大いに賑わいました。しかし明治に入って鉄道が相次いで開通,徐々に衰退していくのです。
 いまは街道沿いに格子窓や虫籠窓のある民家,白壁の土蔵などが往時を彷彿させます。
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマは道端に停めました
淡河(おうご)/神戸市北区淡河町淡河
淡河 わずかに残る古民家
 江戸時代は明石藩領で湯山街道沿いの宿場町です。古来,有馬,三田方面に抜ける重要な街道でもあったのです。県道38号線の一歩裏手に入った街道で,わずかに古民家が残る。
▲淡竹定食(650円/淡竹)
感動度★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマは道の駅淡河の駐車場に停めました
尼崎(あまがさき)/尼崎市寺町
寺町-1 「阪神・淡路百名所」
 関西に長く住んでいましたが、尼崎に寺町があるのに驚きました。秀吉の時代に尼崎城が築城されたとき、寺院を1カ所に集めたそうです。現在11カ寺あり、国の重文が7件、県や市指定の文化財が16件もあるという、文化財の宝庫となっています。ほんとうに驚きました。
 道路は整備されて、グループ連れの見学者が見られます。大切にしたい街並みですね。「阪神・淡路百名所」の一つです。
尼崎-2 尼崎-3
感動度★★★ もう一度行きたい度★★ 交通 阪神尼崎駅から徒歩5分
伊丹(いたみ)/伊丹市伊丹
伊丹 最古の酒蔵(重文)
 京都へ向かう西国街道,大坂へは伊丹街道,丹波への丹波街道の交わる交通の要衝でもあります。そのせいか中世はしばしば合戦の舞台になりました。
 名産といえば酒造りがあります。かなり繁栄し酒造家たちは,多くの文人墨客を招き,俳諧をはじめ町人文化が花開いた時期もありました。しかし,それも灘の酒に圧されて衰退していくのです。
 旧岡田家酒蔵は,最古の酒蔵で重文,隣の旧石橋家住宅は江戸時代に建てられました。
感動度★ もう一度いきたい度★ 交通 クルマは市営宮ノ前地区駐車場に停めました
小浜(こはま)/宝塚市小浜
小浜宿 街道が交差する宿場町
 江戸時代は有馬街道,京伏見街道,西宮街道なが交差する宿場町で,まさしく交通の要衝でした。また小浜流と言われる酒造りがあったと言われるくらい酒造りも盛んでした。
 しかし一番は大工や左官の町として栄え,享保8年(1723)には大工の組・小浜組が成立し,幕府からも鑑札が出ました。その後,大阪,兵庫などの一帯で活躍。京都御所の蛤御門の修理で名前をあげたのは知られています。現在は江戸時代後期から大正期にいたる町家が残されています。
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマは宝塚市立病院に停めました
三田(さんだ)/三田市本町
三田 町家,商家が中心
 九鬼久隆氏が1633年,移されてから明治維新まで3万6千石の城下町です。
 特に本町は,町家や商家が中心で黒瓦葺きの平入2階建てが中心です。ところどころ連なって建っていますが,約1qに渡って点在しています。
 しかしこれらも行政やボランティア組織などを通して,町並み保存の動きが出ています。ぜひ壊滅しないうちに手を付けてほしいと思います。
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 JR三田駅から徒歩15分
稲田(いなだ)/三木市吉川町稲田
稲田 町おこしの酒米「山田錦」
 関ヶ原の合戦後,幾多の領主の支配となりましたが,明石藩領の時代には農民の不満が爆発寸前までいきました。原因はいろいろですが,役人の横暴が多かったようです。また災害の多いところで,河川やため池の決壊,コレラの流行もみました。
 いまでは無名の町ですが,大坂街道の宿場町でもあります。歩いて見ますと本瓦葺き平入の古民家,白壁の土蔵などが若干残っています。また町おこしの一環として酒米「山田錦のふるさと」のミュージアム建設や祭りに力を入れています。
感動度★ もう一度いきたい度★ 交通 クルマは稲田郵便局前に停めました
芝町(しばまち)/三木市芝町
芝町 湯ノ山街道沿いの町家
 有馬に湯が栄えだしたころ,有馬に向かう道を「湯ノ山街道」と呼ばれました。三木城からは平山,芝町,大塚を経て山田町からの山田道,淡河からの淡河道を利用して有馬に向かいました。近くに心光寺がありますが,当初は久留美村にあったとされ,天正年間の戦いで焼失,現在のところに移転,再建されたとか。
 静かな町並みには造り酒屋,粋なレストランなどもあります。さらにゆるやかな坂道を歩くと,大塚には道が直角に曲がった「鍵型の辻」も見られます。
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマはスーパーながさわに停めました
三木(みき)/三木市本町
湯ノ山街道 有馬の湯で繁栄した町
 秀吉の三木城攻めが激しくなったころ,傷を負った兵士たちを有馬に送り続けたというのは有名です。その後,有馬の湯の効能が広く知れ渡り,湯ノ山街道が形成されました。おかげで三木は繁栄したそうです。
▲登録文化財の旧玉置家住宅
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマは中央公民館に停めました
寺町(てらまち)/明石市大観町
寺町 いくつかの寺院で寺町
 大化年間(645〜650),法道仙人が創建したとされる善楽寺(現在,戒光院,実相院,円珠院の総称)は,平安時代に17か院もある大寺院でありました。円珠院の庭は,宮本武蔵が作庭したといわれています。そのほか市の指定文化財が多数あります。
 また無量光寺(写真・正面奥)の静かな土塀沿いの小路は,『源氏物語』の光源氏が明石の上のもとへ通った道に見立てて,現在は「蔦の細道」と名付けられています。しかし現実の細道はガッカリさせられました。
感動度★ もう一度いきたい度★ 交通 クルマは寺院横の空き地に停めました
江井ヶ島(えいがしま)/明石市大久保町西島
江井ヶ嶋酒造 瓦葺きの大屋根と板塀
 昔から良質の水が湧いたということから酒造業が発展し「灘の酒」に対して「西灘の酒」と呼ばれました。明治に入るとさらに造り酒屋が増えます。
 それにしても歩いていますと江井ヶ嶋酒造の黒瓦の大屋根と板塀に圧倒されます。
▲明石焼き(500円/乱)西明石駅
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマは江井ヶ島酒造横に停めました
大蔵谷(おおくらだに)/明石市大蔵八幡町
大蔵谷-1 いろんな建物が見られます
 西国街道の宿場町です。格子窓や土蔵など古い町家を見ることができます。また木造2階家の家屋もあったりで,変化にとんだ町並みです。ただ連なっているわけではなく,隣駅の人丸前駅まで歩いて探した町並みでした。
▲格子や虫籠窓のある商家
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 山陽電鉄大蔵谷駅から徒歩10分
出石(いずし)/豊岡市出石
出石 伝統的な町家があります
 2回目の訪問です。雨が降っています。出石の辰鼓楼(写真上)の付近は、観光客でいっぱいでした。土産物店もレストランも一通りそろっています。年間100万人の観光客がくるというから驚きです。
 町家を含む伝統的な建物の比率は高いようです。確かに人のいっぱい集まっているところから離れたところに、意外にも景観の美しい町並みが存在しています。なお芝居小屋「永楽館」がちょっと離れたところにあります。
出石 兵庫県は高速道が発達
 ここに来たのは2回ともクルマです。駐車場は完備されており、苦労はしないでしょう。兵庫県は東西の高速道のほかに、南北を結ぶ高速道が意外に発達しています。大阪、神戸からも比較的気楽に行けます。
▲出石そば(10皿)
感動度★★★ もう一度行きたい度★  交通 駐車場はかなり整備されています
篠山(ささやま)/篠山市西新町
お徒士町通り 茅葺きの武家屋敷群
 篠山は古くから観光地として関西方面の人たちに知られています。栗、松茸などを求めて秋に訪れる人たちが多いようです。お徒士町通りにはかやぶき屋根の武家屋敷がそのまま残っています。
 数年ぶりに3度目の訪問です。重要伝統的建造物群保存地区に選定されてから急ピッチで整備がすすみ,見違えるようになっていました。
 なお、河原町には時代は違いますが江戸や明治に建築された商家群も残っていて、篠山は多彩な顔を見せています。
河原町妻入商家群 武家屋敷安間家史料館
感動度★★★★ もう一度いきたい度★★★★ 交通 クルマは観光客用の駐車場に停めました
福住(ふくすみ)/篠山市福住
篠山街道 街道沿いに土蔵や商家
 慶長13年(1608)から篠山藩領となりました。盆地で寒冷地のため冬期間,村民の多くは灘五郷への出稼ぎをするなどで現金収入を得たとあります。地元でも酒造りや養蚕業が盛んでした。そのため土蔵や豪華な商家などの町家が残ります。
▲大屋根に棟が二つあるという町家。多分,増築(右側)したのか
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 篠山市役所多紀支所駐車場に停めました
青垣(あおがき)/丹波市青垣町佐治
青垣 かつて養蚕業が盛んな地
 もともと丹後ちりめん,京都西陣織の原料の供給地で,養蚕業が盛んでした。丹波路や山陰道なのど交通の要衝であったこと,生野銀山からの上納銀の通過する宿場であったことなどから大きく発展しました。
 ただ大坂への年貢上納銀の警護は厳重で,伝馬人足の確保,宿泊準備,接待費用などは通過する町村の負担で,村民の困窮度が増したのも事実。
 いまは往時を彷彿させる豪華な商家が残されています。明治の建物ですが,土蔵や商家などの町家がホッとさせます。
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマは中兵庫信用金庫に停めました
口銀谷(くちがなや)/朝来市生野町口銀谷
口銀谷の旧社宅群 旧社宅群を整備復元中
 江戸時代から生野銀山の採掘で発展した町です。銀山に従事している人の住む所を銀屋といいます。昭和48年,銀山は廃坑となりました。現在,生野銀山勤務者の旧社宅群(写真)を近代化遺産として整備中です。
▲銀山うどん(600円・銀山食堂)
口銀谷 口銀谷
感動度★★★ もう一度いきたい度★★★ 交通 クルマはマインホール前の駐車場に停めました
竹田(たけだ)/朝来市竹田
竹田 寺町通りや旧街道沿い
 生野のあと竹田に行きました。あっという間に着きました。竹田は旧街道沿いとJR竹田駅裏の寺町通りに分かれています。街道沿いは、ところどころに古い家があり、交通量もそこそこあります。蔵造りのうだつのある商家や2階建ての民家が見られます。
 一方、竹田城跡の麓に4つの寺院が並び、その前の石畳の小道を寺町通りと呼んでいます。すこし寺町通りを歩きましたが、きちんと整備されていました。小川がすてきでした。
感動度★★ もう一度行きたい度★  交通 駐車場は観光案内センターにあります
北条(ほうじょう)/加西市北条町
北条-1 平安時代からの古刹
 北条は平安時代からの歴史を誇る酒見寺の門前町として発展した町です。しかしその後宿場町へと変わり,商家独特の土蔵造りや間口の広い町家などが集中しています。
▲とんこつラーメン(希望軒加西店)
感動度★★★ もう一度いきたい度★★★ 交通 北条鉄道北条町駅から徒歩10分
赤穂(あこう)/赤穂市加里屋
備前街道(本町筋) 本町筋に古民家がある
 ご存じ赤穂事件で一躍有名になった町です。本町筋(備前街道)に虫籠窓や格子窓のある古民家が集中。また浅野家や赤穂藩歴代藩主の菩提寺・花岳寺もあります。 
▲赤穂塩ラーメン(500円/いちまる
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマは高光寺駐車場に停めました
坂越(さこし)/赤穂市坂越
坂越 豪華な蔵造りです
 国道250号線から一歩海側に入るのですが、案内板がなく、どこの信号を曲がればいいのかわかりませんでした。しかしクルマを停めて歩きますと、日本の古い町並みにふさわしい景観が守られています。
 塩の積出港としても栄え、かつての回船問屋などの豪商がずらりとならんでいました。蔵屋敷を見ていますと、繁栄ぶりが偲ばれます。また造り酒屋の酒蔵もほぼ残されており、坂越の住民たちの保存に対する熱意が伝わってくるようです。
坂越 坂越
感動度★★★ もう一度行きたい度★★★ 駐車場 困りました。海岸沿いに停めました。
龍野(たつの)/たつの市龍野
龍野 蔵、武家屋敷、商家…
 2度目の訪問です。揖保川の西側(龍野城付近)に実にきれいに、歴史的民家が残されています。映画『男はつらい』の舞台にもなりました。醤油蔵や武家屋敷、商家、町家などひとかたまりで保存、景観維持されているのです。そのうち重要伝統的建造物群保存地区に選定されるでしょう。
 町並みのなかにはいくつかの資料館がありますが、赤レンガ造りの「うすくち醤油資料館」では、町の様子がよくわかります。路地まで板塀が続き、歩く楽しみの多いところです。
龍野 龍野
感動度★★★ もう一度行きたい度★★★ 駐車場 龍野城付近に無料駐車場があります
新宮(しんぐう)/たつの市新宮町新宮
新宮 舟運で繁栄しました
 江戸時代,新宮藩主池田氏は鵤(いかるが)村から陣屋を移し,以後街道の発達に伴い,陣屋町として発展しました。交通の要衝ですが,特に揖保川を利用した高瀬舟が盛んで,「抜け荷」にも使われたとか。
▲山菜にゅーめん(520円/志んぐう
感動度★ もう一度いきたい度★ 交通 クルマはゴダイドラッグの駐車場に停めました
室津(むろつ)/たつの市御津町室津
室津 狭い七曲がりを行きます
 国道2号線から室津へクルマで行くためには、かなり狭い道を通りました。七曲がりというそうですが、対向車線にバスが来ようものなら、バックするなど神経をすり減らします。さすが三方山に囲まれた天然の良港です。瀬戸内海には歴史のある港町が多いですが、この室津も8世紀初頭の古文書『播磨国風土記』にも出てくるそうです。

漁港と蔵造りの民家
 石畳ののんびり歩いていますと海の香りがプ〜ンとします。瓦葺きの2階建ての町家がそこかしこに見られます。なかには防火壁をほどこした3階建てもあります。
 また格子のはまった民家も見られますが、2階にてすりのある出窓があります。このタイプは結構珍しいものです。
 港にも足を入れます。そばまで蔵造りの家々が並んでいます。水辺の町は,本当に落ち着きます。
室津
三階建て 漁港と古民家
感動度★★★ もう一度行きたい度★★ 駐車場 ちいさな駐車場があります
屋形(やかた)/市川町屋形
銀の馬車道 「銀の馬車道」沿いの集落
 寛文6年(1666)に旗本池田氏領となり,陣屋を設け10軒ほどの家臣とともに統治しました。宿場ができ,交通の要衝として,さらに川舟も終点であったことから町は繁栄しました。
 明治に入って,フランス人を技師長として最新の土木技術を導入。生野から播磨港までの49km「銀の馬車道」が明治9年に完成。当初,この屋形地区を避ける計画でしたが,村民たちの「町が寂れる」という陳情で,迂回計画が中止されました。
 現在では「銀の馬車道プロジェクト」が発足しました。
感動度★ もう一度いきたい度★ 交通 クルマは道路端に停めました
福崎(ふくさき)/福崎町西田原
福崎・銀の馬車道 庄屋・三木家の古民家
 明治9年,銀の産出地である生野と積出港の姫路市播磨港とを結ぶ49kmの道を新たに造りました。この道は従来とは違い馬車専用道路として開削されたもので,日本で初の「高速産業道路」といわれています。
 この道路建設に大きく協力したが,大庄屋・三木家です。秀吉の中国遠征後,この地に移り住み,姫路藩の大庄屋として地域の政治・文化の中心となりました。現在は表門,土塀,厩などが残り福崎町が管理しています。隣に建つ旧辻川郵便局は登録文化財です。
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマはもえぎの里観光客用駐車場に停めました
山崎(やまさき)/宍粟市山崎町山崎
因幡街道 因幡街道沿いの要衝
 姫路藩主池田氏の4男・輝澄が3万8千石で入封。その後紆余曲折があり,延宝7年(1679)に大和国から本多忠英氏が1万石に縮小されて入封,その後9代約190年間本多家が在封。
 山崎は,姫路藩・播磨と鳥取藩・因幡を結ぶ因幡街道沿いの城下町です。また合併以前の旧山崎町の中心地で,銀行や店舗,大病院,文化会館などがあって,とても賑わっています。古民家はそんな賑やかな県道53号線の一歩裏手に佇んでいるのです。また社寺も多く,比較的のんびりと歩けます。
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマはみなと銀行山崎支店に停めました
三日月(みかづき)/佐用町乃井野
三日月(乃井野) 三日月藩の陣屋が復元
 元禄10年(1697)津山藩森家の改易にともない分家の長俊がココに移封されて三日月藩ができました。陣屋を造ると同時に,藩政を執行したのです。現在でも,わずかに土塀や水路,町割りが残されています。
▲三日月藩乃井野陣屋跡(復元)
感動度★ もう一度いきたい度★ 交通 クルマは陣屋前の空き地に停めました
平福(ひらふく)/佐用町平福
作用川 作用川沿いの土蔵群
 作用川に沿った石垣に川座敷,土蔵の風景はおなじみです。先般,この作用川が氾濫し,平福の町は水没しました。そのため甚大な被害をだしましたが,急ピッチで復興しました。町を歩いていると,真新しい家屋も見ることができます。
 因幡街道沿いの宿場町として慶長・元和年間(1596〜1623)に現在の町並みが形成され,南北1kmほど続きます。鳥取藩の本陣も置かれ,街道有数の宿場町となりました。連子窓,格子戸のある町家が,訪れる人をホッとさせてくれます。 
平福 平福
感動度★★★ もう一度いきたい度★★★ 交通 クルマは道の駅ひらふくに停めました
高砂(たかさご)/高砂市高砂町
高砂-1 廃墟(?)の町並みか
 無人で廃墟となった家屋もたくさん存在します。姫路藩の支藩として発展,さらに加古川河口の港町として栄えたのです。
 平入りで2階家が多いのですが,洋館もところどころ見られます。ちょっと寂しい町でした。
 
▲廃墟と化した町並みも存在
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 山陽電鉄山陽高砂駅から徒歩15分
曽根(そね)/高砂市曽根
曽根 曽根天満宮で栄えた町
 曽根天満宮の門前町として発展しました。延喜元年(901)菅原道真が九州・太宰府に左遷される旅の途中,天満宮近くの伊保港に寄って日笠山に上り「我に罪なくば栄えよ」と祈念して小松を植えたという。
 天正6年(1578)の信長の命を受けた秀吉が播州征伐のさいの兵火で社殿を焼失しました。その後,徳川幕府の時代に入り,姫路城主・池田氏により再建されていくのです。
 曽根駅前の大鳥居をくぐると参道となり,両側に商店が幾つか連なる小さな町でした。
感動度★ もう一度いきたい度★ 交通 クルマは曽根天満宮駐車場に停めました
大浜(おおはま)/姫路市飾磨区大浜
生野街道 銀の積み出し港として発展
 江戸時代,幕府の直轄として生野銀山の銀の運搬として生野街道が開削されました。明治になっても,フランス人の設計によりさらに最短距離の街道49kmが完成し,一般に馬車道とも呼ばれました。
 これほど古民家が残っていると思いませんでした。集落がひとかたまりになって存在していのです。漆喰塗りの虫籠窓,下は板張りの独特の町家がぎっしり詰まっています。細い路地を歩いていますと小さな港に出ます。銀の積み出し港だった港です。プーンと海のにおいがしました。
感動度★★★ もう一度いきたい度★★★ 交通 クルマは寺院横に停めました
野里(のざと)/姫路市野里寺町
旧野里街道 虫籠窓のある町家が多い
 意外にも多くの町家が残されているのに驚きました。いずれも虫籠窓のある2階屋で漆喰塗りの蔵造りです。
 かつて豊臣秀吉と池田輝政の城下町として繁栄し但馬,播磨へ通じる交通の要衝でもありました。商業の町でもありますが,職人の町でもあります。野里鋳物のなかで播磨鍋(野里鍋)の名は,近畿一円に広がっています。
 こんな町並みをかつての賑わいを取り戻すために平成18年,「野里まちづくりの会」が発足したそうです。
野里街道 旧野里街道
尾張屋 旧野里街道
感動度★★★★ もう一度いきたい度★★★ 交通 JR姫路駅からバスで野里門下車徒歩10分
船場城西(せんばじょうさい)/姫路市龍野町
旧西国街道 西国街道沿いの町並み
 姫路城の南西側に位置し,船場川を渡ったところに広がる町並みで,旧西国街道に沿って発展しました。また船場御坊本徳寺の門前町としての様相を示しています。とりあえず西国街道を歩きました。虫籠窓や格子戸のある町家や寺院を所々見かけますが,連なっているわけではありません。
 農人町あたりでは,のこぎり型の道路が見られますが,これは姫路城の守りの戦術の一環ではないかといわれていますが,佐賀城下の長崎街道沿いと同じ理由です。
ノコギリ路地 船場
姫路城(国宝・世界文化遺産) 船場川 うどん定食
▲世界文化遺産でもある姫路城 ▲かつて水運の栄えた船場川 ▲うどん定食(650円/都庵)
感動度★★★ もう一度いきたい度★★ 交通 JR姫路駅から徒歩20分
網干(あぼし)/姫路市網干区余子浜
山本家住宅・姫路市土地景観重要建築物に指定 かつては漁師町
 網干の名の由来は,魚吹八幡神社の放生会(ほうじょうえ)が行われる日,氏子の漁師が殺生をやめて網を干してお参りしたことからきました。そして周囲を網干と称したそうです。養老4年(720)のことです。
 網干は古くから開発の進んだところで,当初は姫路藩領でしたが,のち,天領,龍野藩領,丸亀藩領など複雑な様相を示していました。
 町を歩きますと,格子戸や板塀が続きます。幾つかの住宅は,都市景観を維持するために景観指定されています。
加藤家住宅/国の登録文化財 明治27年築の旧網干銀行本店/姫路市都市景観重要建築物に指定
感動度★★★ もう一度いきたい度★★★ 交通 クルマはあぼしまち交流館に停めました
青山(あおやま)/姫路市青山
青山 おかげ参り一団の宿泊地
 近くを旧山陽道,旧龍野海道,因幡街道が通り,なおかつ稲岡神社の神域でもありました。そのため江戸時代末期「おかげまいり」が,全国的に流行したことがありましたが,この地もその余波を受け,お伊勢参りの一団が宿泊したようです。そのため旅籠,商家など多くの町家ができました。そのことは県の重文指定となっている「お陰参り図絵」にも情景と雰囲気が表されています。
 歩いていますと虫籠窓のある町家や漆喰塗りと下板貼りの蔵も見ることができます。 
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 クルマは稲岡神社に停めました
林田(はやしだ)/姫路市林田町六九谷
重厚な長谷川家住宅
 江戸時代は,当初姫路藩領ですが,その後元和3年(1617)には林田藩領となりました。そして少しずつ町場が形成されていくのですが,姫路から鳥取への因幡街道が林田を通過するようになってからいっそう発展しました。しかし明治以降は安全な別ルート(戸倉峠超え)が開発され,街道は廃れていくのです。
 一方,手延べそうめん揖保乃糸の生産地の一つです。町並みは虫籠窓や格子のある重厚な建物が並んでいます。特に長谷川家住宅は,姫路市から都市景観重要建築物にも指定。
感動度★★ もう一度いきたい度★★ 交通 ヤエガキ酒造の駐車場に停めました