岡山県

足守(あしもり)/岡山市北区足守
足守 進む町並み保存
 ここまできちんと,整備されているとは思いませんでした。町家,武家屋敷などどんどん改修されています。1990年に岡山市の「町並み保存地区」に指定されたからでしょう。行政と住民が一体となっているからです。
 平安時代は京都・神護寺の荘園でした。また豊臣秀吉の正室ねねの実兄・木下定家が関ヶ原の合戦以後,家康の命により,播磨から足守に移されました。ここから足守藩2万5000石の歴史が始まります。
 町は,武家屋敷群と町家群に分かれています。さらに街道沿いに商家が建ち並び、往時を偲ばせます。 
感動度★★★★ もう一度いきたい度★★★ 駐車場 クルマは無料駐車場に停めました
 金川(かながわ)/岡山市北区御津金川
  旧津山往来沿いに古民家
 南北朝時代にすでに金川荘という荘園が見られました。宇喜多氏、小早川氏の支配後、慶長8年(1603)から岡山藩領。家老の日置忠俊が金川城(1万4000石)を築きました。以後、紆余曲折はあるものの、城下町として発展していきます。しかしながら元和元年の一国一城令後、取り壊しになります。そこで妙国寺塔頭10ヶ院のうち一つが移転、その跡地に陣屋を設けたのです。その後陣屋町として発展していきます。いま岡山城下から津山へ向かう旧津山往来沿いに古民家が見られます。また旭川にそそぐ宇甘川沿いにも、白壁の塀が続きます。 
 感動度★ もう一度行きたい度★★ 交通 クルマは御津(みつ)郷土歴史資料館に停めました
 中田(なかだ)/岡山市北区建部町中田
  蔵造りの商家が連なる
 江戸時代、宇喜多氏、小早川氏のあと池田藩領。岡山城下と津山城下を結ぶ津山往来沿いにある集落です。建部池田氏は侍屋敷を設けたり、商人や職人を住まわせるなどして、町を形成。いまは蔵造りの商家が静かに連なり、光景は圧巻! 
 
▲JR建部駅/国の登録文化財 
 感動度★★★ もう一度行きたい度★★★ 交通 JR津山線建部駅前の送迎用駐車場に停めました
倉敷(くらしき)/倉敷市中央
倉敷川 倉敷川両岸に並ぶ
 ひと言で「騒がしい町」とうべきでしょうか、賑やかな街並みです。倉敷川の両岸に歴史的建造物が並んでいますが、土産物店やレストランになっています。白い土塀、ナマコ壁の似合う町。重要伝統的建造物群保存地区でもあります。
 10数年ぶりに訪ねました。変わっていません。一歩裏に入ると静かな街並みが続きます。
 江戸時代よりも明治になって倉敷紡績(クラボウ)ができてから、一気に発展した町です。住民と行政が街並み保存に力をつくした結果でしょう。地名の由来は、備中米の蔵屋敷が置かれていたからとか。
倉敷 倉敷
▲倉敷川河畔に蔵が建ち並びます  ▲一歩裏手に入ると静かな町並みが見られます 
倉敷 倉敷
▲蔵屋敷のほとんどが土産物店です  ▲虫籠窓や格子のある商家が見られます 
感動度★★★ もう一度行きたい度★★ 交通 JR倉敷駅から徒歩15分
下津井(しもつい)/倉敷市下津井
下津井 北前船の寄港地
 北海道で獲れたニシン,コンブなどを北前船が運んで発展した港町です。また「風待ち,潮待ち」の良港でもありました。そのため瀬戸内航路の中継地、軍事上の拠点として、古代より要衝の地でした。
 海沿いに旧道が一本通っています。黒瓦葺きの平入商家や土蔵,格子のある町家などが目に付きます。特に旧回船問屋も多く,その繁栄ぶりは,『むかし下津井回船問屋』の展示資料でよくわかります。
 交通量も少ないので,のんびりと歩けるのがいいです。地名は、上の津(吹上)に対する下の津に由来します。
感動度★★★ もう一度いきたい度★★★ 駐車場 クルマは無料駐車場に停めました
玉島(たましま)/倉敷市玉島町
玉島-1 土蔵から町家,洋館
 江戸時代初期から干拓が進み、新田が開拓されました。また明治に入って、紡績工場ができ瀬戸内航路の重要港となったのです。その後戦災にもあわずに,これだけの町並みが残されたのは奇跡的です。玉島は,里見川を挟んで古い町並みは2カ所に見ることができます。まず新町通り商家,土蔵などが多く見られます。そして,里見川にかかる昭和橋を渡ると,仲買町です。
 白壁通りという名前を付けられています。なまこ壁の土蔵,商家,町家。さらに明治の洋館など,実に変化に富んだ町並みです。造り酒屋や味噌屋などが建っています。 
玉島-2 玉島-3 玉島-4
▲新町通りに建つ土蔵や商家 ▲仲買町にも商家が続く ▲蔵を活用したイベントも盛んです
感動度★★★★ もう一度いきたい度★★★ 交通 クルマは玉島歴史民俗海洋資料館の無料駐車場に停めました
 円城(えんじょう)/吉備中央町円城
  かつて円城寺の門前町
 地元の中心寺院・円城寺と共に発展した門前町。江戸時代の寺領は20石で、金川日置氏の菩提寺。門前には酒屋、茶店、旅篭屋などが並び、近郊の商業の中心地となりました。いまの町並みは、往時の面影もなく、静かに町家が並ぶ。 
 
▲うどんセット(750円・かもがわ円城) 
 感動度★ もう一度行きたい度★ 交通 クルマは道端に停めました
備中高梁(びっちゅうたかはし)/高梁市石火矢町
備中高梁 町家と武家屋敷
 大きく分けて二つの町並みがあります。一つは石火矢町の武家屋敷通り(写真左)、もう一つは、本町の町家や中心とした商家(写真下)です。本町の町家のほとんどが平入りで、2階の軒は出桁(だしげた)で、上品な造りになっています。特に醤油醸造の池上家は立派です。紺屋川沿い(写真下左)は「日本の道100選」に選定。
 武家屋敷は、伯備線の踏切を渡ってすぐのところにあります。
 ところで古くは高橋と書きましたが、14世紀初め松山に改めました。しかし伊予の松山と混同を避けるため、元に戻し梁を当てて高梁となったわけです。
「日本の道100選」 微衷高橋
▲本町の町家などは、水の流れと似合います ▲かなり大きな古民家が点在しています 
感動度★★★ もう一度行きたい度★★★ 交通 JR伯備線備中高梁駅から徒歩20〜30分
吹屋(ふきや)/高梁市成羽町吹屋
吹屋-1 赤褐色の石州瓦が特徴
 今回で2度目の訪問です。クルマで山奥の県道を延々と走りますが,途中で「道を間違ったか」と疑いを持つこと何度も何度もありました。しかし、20年ほど前に比べて駐車場も整備されバイパスもできて、大きくかわりました。外国人観光客も増えています。銅山と赤いベンガラで栄えた鉱山町。江戸時代は幕府直轄,明治時代は三菱の所有になりました。しかし1968年に休山になりました。
 ほとんどが切妻型の町家で,屋根には赤褐色の上薬を塗った石州瓦を葺いています。重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
吹屋-2 吹屋-3
▲切妻型の町家が並び土産物を販売しています  ▲壁も白壁でななく、なんとなく赤みがかっています 
感動度★★★★ もう一度いきたい度★★★★ 交通 クルマは無料駐車場に停めました
勝山(かつやま)/真庭市勝山町勝山
勝山 暖簾の映える町並み
 清流・旭川が流れ、しかも町並みの姿は清楚で美しい感じがしました。格子戸のある町家がしっとりとした上品な感じを与えます。なぜ上品なのかと考えたら、のれんのせいではないかと思います。いたるところに、地元(女性染織家)で染めあげられたのれんが原因でしょう。
 戦国時代は戦乱の地でした。旭川と平行して通る出雲街道沿いの町並みでもあります。そして,これだけの量の建築物が残っていることに驚きました。
 江戸時代から旭川の河川港としても栄えました。地名は藩主の三浦氏が勝山城と改名したことに由来します。
勝山 勝山
▲町全体がタイムスリップしたような気分でした  ▲ 2階が虫籠窓や格子窓などさまざまです
感動度★★★★ もう一度行きたい度★★★ 交通 JR姫新線中国勝山駅から徒歩10分
 下弓削(しもゆげ)/久米南町下弓削
  改装されても雰囲気は残る
 江戸時代、慶長8年は津山藩領、元禄時代は幕府領など、その後も所領は変遷します。
 集落内には岡山城下と津山城下をむすぶ津山往来が、南北に貫き、宿駅が置かれ町場が形成されました。その後も古河藩の陣屋も設けられ、宿場町として発展します。当時の名産として焼酎があげられます。
 一方、大庄屋の河原善右衛門は、津山藩の要請に応え、河川改修、水田造成、ため池築造に大きな貢献をしました。
 古民家は、旧津山往来沿いに点在し、虫籠窓からガラス窓に改築されていますが、往時の雰囲気が感じられます。   
 感動度★ もう一度行きたい度★★ 交通 クルマはザグザグ久米南店の駐車場に停めました
 岩戸(いわと)/和気町岩戸
  消えつつある古民家
 天神山麓の小さな集落。江戸時代から米作を中心に養蚕、炭焼きなどの兼業農家でした。また近くを流れる吉井川での小規模な水運で生計を立てていました。いま周囲は大規模な道路の拡張工事が行われており、古民家が消えつつあります 
 
▲ふる里会館・国の登録文化財 
 感動度★ もう一度行きたい度★ 交通 クルマは空き地に停めました
津山(つやま)/津山市林田町
津山 映画やテレビのロケ地
 津山城址のある中央エリアに武家屋敷、城西エリアに出雲街道があり、その街道に沿って歴史的建造物が建ち並んでいます。やや個性的でちょぴり豪華な格子のはまった町家が魅力的です。ここでNHK朝の連続TV小説『あぐり』、映画『男はつらいよ、紅の花』のロケ地に選ばれました。
 造り酒屋と土蔵、旧梶村家住宅などいくつか著名な住宅もありますが、無名の町家にも趣があります。あの寅さんも、のんびり歩いたのでしょう。ただ街道沿いだけではなく、路地を入って見ると、ココにも商家の町並みの趣が感じられます。
津山 津山
▲町家は間口が狭いが、奥行きがあります  ▲路地歩きは津山を知るための第一歩です 
感動度★★★ もう一度行きたい度★★★ 交通 JR津山線津山駅から徒歩20分〜40分
牛窓(うしまど)/瀬戸内市牛窓町
旧バス通り 昔の栄華が偲ばれる
 古くは牛転、牛間戸とも書きました。奈良時代から見られる地名であり、万葉集など多くの歌集に登場します。
 瀬戸内海でも屈指の商業港でした。銀行や醸造所、豪商など栄華の限りを尽くした感じの町です。江戸から明治にかけたいくつかの古民家が残されています。また現在では数々の映画のロケ地として使われています。とくに『カンゾー先生』のロケ場所はそのまま残っています。
 海岸通りから一歩中に入ったところに、昔ながらの建物が残されています。クルマのすれ違いがやっと、という狭い道に、昔はバスが走っていました。
牛窓 牛窓の町
▲岡山城下から牛窓までの街道・牛窓往来  ▲温暖な気候に恵まれた牛窓の町 
感動度★★★ もう一度行きたい度★★★ 駐車場 クルマは港近くの大きな駐車場に停めました
八塔寺(はっとうじ)/備前市吉永町加賀美
八塔寺ふるさと村 高原に出現した茅葺き群
 八塔寺そのものは,かつて弓削道鏡が開基したと伝えられ,高野山のように山岳仏教の栄えたところです。しかしその歴史は波瀾万丈で,たびたびの兵火で焼失,天正14年(1591)には,とうとう寺領が没収されるにいたりました。その後,天台宗に改宗,岡山藩主から梵鐘を寄贈されるも,本堂や塔などが焼失。いまでは遺構から往時を偲ぶことができます。
 実際に訪れてみて、これほど茅葺き屋根の家屋が残っているとは思いませんでした。岡山県がふるさと村に,郷土保全地域にそれぞれ指定することで、景観を守っています。
感動度★★★ もう一度いきたい度★★★ 交通 クルマは空き地に停めました
矢掛(やかげ)/矢掛町胡町
矢掛-1 2軒の国重要文化財
 室町時代から歴史のある町ですが,実際は江戸時代の参勤交代によって,宿場町として形成されてきました。国重文の本陣や脇本陣が整備されています。他の屋敷は短冊形の地割りになっています。地名は美しい屋影が由来とか。
▲すし定食(寳来のランチメニュー)
感動度★★★ もう一度いきたい度★★★ 交通 クルマは無料駐車場に停めました